電話面談システム「bellFace(ベルフェイス)」の開発・販売事業を行う、ベルフェイス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:中島 一明、以下ベルフェイス)は、株式会社野村総合研究所(代表取締役会長 兼 社長:此本 臣吾、以下NRI)が提供する投信文書管理ソリューション FundWeb Libraryと連携した新機能「資料管理システムfor FundWeb Library」(以下FWL連携機能)の提供を2024年4月8日より開始いたします。

これまで培ってきた金融業界の顧客へのサービス提供により得た知見を活かし、新たな価値を提供するデジタルソリューションを展開していきます。

 

■背景

2024年秋をめどに目論見書の交付が、原則電子交付となります。単なる紙のデジタル化を超え、より効率的で顧客中心のサービスを実現する必要性が高まっています。
ベルフェイスは目論見書の管理から電子交付までのフローをシンプルで効率的、かつ、リスクを減少させるソリューションが必要と考え、FWL連携機能の開発にいたりました。
 

■期待効果

FWL連携機能により、FundWeb Library内のデータをbellFace上で検索し、顧客へ送信することができるようになります。FWL連携機能をご利用いただくことで、以下の効果が期待できます。

 経費削減   :ペーパーレス化によるコスト削減
 生産性向上  :目論見書の管理工数の大幅な削減・業務効率化
 営業革新   :営業担当者が大量の目論見書を持ち歩くことなく、顧客本位の提案が可能に
 顧客利便性向上:分厚い紙の冊子の保管が不要に

FW連携機能によって、顧客との関係をより深化させることが可能です。
 

■FundWeb Libraryとは

株式会社野村総合研究所が提供する「FundWeb Library」は、運用会社と販売会社間の目論見書や運用レポート等(投信文書)のやりとりを効率化する投信文書プラットフォームサービスです。

お問合せ先:株式会社野村総合研究所 投資情報サービス事業部
URL : https://www.nri.com/jp/service/solution/fis/fundweb_library
 

■bellFace(ベルフェイス)とは

電話面談システム「bellFace」は、アプリインストールやURL発行などの事前準備が不要で、電話とPC・スマートフォンを使って、簡単に資料や画面の共有ができるオンライン営業システムです。ネットが苦手なお客様にも快適にご利用いただけるため、特にリテール営業でのご利用に適しています。契約後は専任のカスタマーサポートが利用定着まで支援いたします。
またセキュリティ国際規格 ISO27001(ISMS) およびISO27017(CLS)認証を取得し、厳格なセキュリティ基準に則って運用をおこなっているため、​大手企業や行政、金融機関等の導入実績も多数ある、安全なシステムです。

 サービスサイト:https://bell-face.com/

ベルフェイスは「営業をテクノロジーで解放し企業に新たなビジネス機会をもたらす」というミッションを実現すべく、今後も企業の営業活動を支援して参ります。