若林 小夏

営業を可視化したい
営業を進化させた世界を作りたい

2018年入社
CS事業部
カスタマーサクセスチーム
コンサルタント

インタビュー

カスタマーサクセス/インサイドセールス
bellFaceを志望した理由は何ですか?
「営業を可視化したい」「営業を進化させた世界を作りたい」と思ったからです。元々前職で隣の部署がベルフェイスを導入していたんです。商談数が4倍になり、19時で帰っている姿を横目で見ながら、ベルフェイスが良いというのは充分に理解していました。しかしあくまでもツールでしかないと思っていたんですよね。

前職では、求人広告の営業をしながらメンバー50人の営業力を高めるリーダーをしていました。営業って同じ商材でも売れる人と売れない人がいて、人のスキルに左右されがちなんです。しかしスキルに依存するのは組織として弱く、担当によって質が変わればお客様にご迷惑がかかります。それが嫌だったんですよね。そのため売れる営業のデータを取って改善を重ねましたが、最後の商談の部分は実際に見ることが出来ずに不透明でした。
そんな時にベルフェイスの選考を重ねながら、録画機能があることを知り、これを使えば自分の考えていた課題が解決できると思いました。「営業の見える化」や「誰でもできる営業にする」など。自分のやりたいこととベルフェイスが目指す世界が重なっていると感じ、本気になりました。 また、前職ではお客様の人材採用をお手伝いする営業でした。働き手がどんどん減っていく中で、人不足で苦労している会社様がいっぱいあったんですよね。それがベルフェイスを使えば、例えば産休のママさんが在宅で仕事が出来たり、使い方次第でお客様の問題が解決できるんです。それも魅力の1つでした。
仕事内容や魅力、印象に残っている仕事を教えて下さい
今年5月に入社し、カスタマーサクセスでイベント企画担当をしています。仕事内容はベルフェイスを導入される企業様向けの研修や、お客様を招いたユーザー会の運営です。 正直にいうと、社内で営業組織を変革するって本当に大変なんです。営業は今のスタイルで数字を作っていますし、新しいことを覚えるのは大変。ベルフェイスを上手く使い切れていない方々がいることを感じました。

そのため、研修やユーザー会ではベルフェイスを使って成功された企業様に登壇頂きます。私たちがいくら伝えるよりも、同じ企業目線の言葉なので説得力が違いますよね。これまでベルフェイスを使っていなかった方々が、 イベントを通じて「これは使えるものなんだ。改めてKPIを設定しよう。基礎から学ぼう」とやる気に火が付いたり、実際に動かれて成果に繋がったりするのをたくさん見てきました。みるみる変わっていく方々を間近で見られることがやりがいですね。

実は、10月からはイベント担当からお客様担当になる予定です。前職からお客様が大好きだったので、直接担当できないことが少し寂しかったんです。導入時期のお客様をずっと見て来たので、その経験を活かせると思いますし、またイベントの先をサポートできるのでわくわくしていますね。
職場の雰囲気や環境・制度、学びの環境などについて教えて下さい
「営業の世界を進化させる」という言葉を、本気で目指しているのが伝わってきました。入社3か月ですが、今も面白いツールや機能がどんどん追加されているんです。それを見るたびに「これがあったら営業にとってどれだけ良いだろう」とわくわくが止まりません。また、カスタマーサクセスのメンバーも口だけではなく、心からお客様の成功を思っています。ベルフェイスの目指す価値観に向かって進んでいるのを実感しますね。

学びの環境で言えば、元々IT系がからっきしダメなんです(笑)前職が紙の文化で、ITが分からなすぎて「なんでベルフェイスに入ったの」と言われるくらいでした。しかしベルフェイスには学びの文化があり、学習意欲が高い人が多いんです。仕事に役立つ本・研修・資格取得に補助金が出たり、その学びをどう活かすかをディスカッションしたりします。私もITの資格を取ったりしました。やりたいと言えばどこまでもできる土台がありますね。
カスタマーサクセス/インサイドセールス
将来の夢、目標を教えて下さい
好きな場所で何にも縛られず働きたいですね(笑)

元々旅行が大好きで、昔から夢は宇宙に行くことでした。「行きたいと思ったら、どこへでも飛んでいきたい」そんなわがままな想いもベルフェイスを使えば可能になります。今は毎日オフィスに来ていますが、力を付けてゆくゆくはリモートワークに移行したいですね。

また女性としてで言えば、結婚・出産をしてもずっと働きたいと思っています。母が学校の先生で、昔から仕事のやりがいを話してくれていたんです。そんな母の影響で自分も大好きな仕事をしたいと思っていました。例えばベルフェイスを使えば、旦那さんが転勤をしても仕事を辞めなくていい。むしろ、ベルフェイスが仕事を後押してくれるんですよね。

結婚して出産して、宇宙からベルフェイスを繋ぐ、それが出来たら最高ですね!
最後にメッセージをお願いします
自分がわくわくする仕事、会社に出会って欲しいなと思います。やっぱり仕事って大変で、怒られることもたくさんあります(笑)しかし、わくわくがあるからこそ続けられると思うんです。私は学生時代、家庭教師や販売のアルバイトを通じて、自分で頑張ったことが数字で表れるのが面白くて営業を志望しました。

就活はたくさんの大人と出会える場です。色んな人と会って、話をして、価値観を整理して、その中で目がきらきらできる場所を見つけられると幸せですよね。運命の1社、それに出会うためにぜひ頑張って下さい!

活躍するメンバーの紹介

金子 陽洸

2019年入社予定
インターン

詳しく見る

デパシレ
チャールズ アンドレ

2018年1月入社
プロダクト事業部
開発チーム エンジニア

詳しく見る

企業・セールス市場の経験が豊富な創業メンバーに加え、様々なジャンルの優秀な才能が集結しています。

他のメンバーを見る
カスタマーサクセス・インサイドセールスの採用情報を見る 他の採用情報を見る