お勧めの表示タイプを自動的に設定するため、今まで以上に簡単に資料の設定ができるようになりました。