相手側の画面を共有する機能が実装されました

提案するスタッフ側だけでなく、提案先の相手側の画面をベルフェイス接続中に画面共有できるようにいたしました。この機能により、資料を用いた提案だけでなく、相手側の画面を見ながらより精度の高いコミュニケーションが可能となります。