提案側(ユーザー側)の映りをより良いものにする機能「ビューティー機能」がお客様側(エンドユーザー側)にも適用されるようになりました。オンラインだからこそ出来る機能として引き続き改善・強化を進めてまいります。